金沢を知れば知るほど、

もっと訪れたくなる

「金沢を彩る」は金沢の旅館のとやが提案する金沢観光旅行です。
金沢の味わい、風情、美しさ、豊かさ、伝統深さなど
金沢の魅力や伝統工芸について、旬な情報を皆様に発信するコーナーです。

金沢の郷土料理 「鴨の治部煮」

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│金沢の郷土料理 「鴨の治部煮」

金沢の代表料理
金沢鴨の治部煮とは

冬の金沢代表料理!!加賀鴨の治部煮料理で体を温めます。明治時代以前は四足の動物を食する習慣がなく、金沢の人のタンパク質源は鴨を食べる機会が多く、大変貴重な食物だったとのことです。先々代の祖母も、大事なお客様には必ず『鴨』か『鰻』を御料理に一品つけるように板長にお願いしておりました。
冬の季節は、金沢は天候も悪く寒いので特に鴨料理は滋養強壮の意味でも大変貴重にありがたがられており、金沢の冬の代表郷土料理は誰もが『鴨の治部煮』で一致いたします。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第13回 金沢の郷土料理 「鴨の治部煮」

金沢鴨の治部煮は、石川県の金沢をはじめとした加賀地方で発展してきた郷土料理であり、客人へのおもてなしのため、料理そのものと共に器に盛りつけた美しいさまを発展させてきました。 金沢鴨の治部煮は、その加賀料理・金沢料理の代表格です。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第13回 金沢の郷土料理 「鴨の治部煮」
金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第13回 金沢の郷土料理 「鴨の治部煮」

金沢鴨の治部煮の
定義とは

そこで、金沢人が冬に愛してやまない 『鴨の治部煮』定義をご紹介いたします。メインの鴨肉はそぎ切りして小麦粉をまぶし旨味を閉じ込めて、だし汁に醤油、みりん、砂糖、酒をあわせて甘めに煮ます。まさに、寒い冬にとろみと甘みで体を中から温めるための知恵があります。

鴨の治部煮の名脇役…それは、すだれ麩。金沢鴨の治部煮の主役が鴨肉でしたら、主役に負けない存在感のあるのが、これも金沢名物の『すだれ麩』でございます。すだれで巻いて、ぎざぎざの細工がしてある麩です。このギザギザが美味しいダシを引き寄せ、口の中まで味をたっぷりと届けてくれる優れものなのです!!すき焼きと治部煮には欠かせない品です。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第13回 金沢の郷土料理 「鴨の治部煮」

金沢の郷土料理
治部煮の由来とは

地元金沢では、なぜ治部煮と言われるか諸説があります。私が一番思うのは、とろみのある独特な出汁で、材料を『じぶじぶ』と煮てじっくる作ることからだと思いますが、その他に、
※野生の鴨肉を使うため、フランス料理の“ジビエ”から変化した。
※豊臣秀吉の兵糧奉行だった岡部治部右衛門が、考え最初に料理した。
※戦国大名、石田光成が考案したため、彼の官位「治部少輔(じぶしょうゆう)」から「治部煮」に。

などと諸説が沢山ありますが、いずれにしても、金沢の人に愛され続けられた『鴨の治部煮』でございます。のとやでは、定番の冬の『鴨の治部煮』だけでなく、創作料理としまして、春夏秋冬の『鴨の治部煮』を楽しんで頂いております。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第13回 金沢の郷土料理 「鴨の治部煮」

このページをみている人はこんなページも一緒に見ています

活鯛舟盛り懐石  

日本海が育んだ活鯛を味わう 活鯛舟盛り懐石

 
海の幸炭火焼懐石  

香ばしさ、弾ける音、広がる旨味 海の幸炭火焼懐石

 
露天風呂付き客室  

ゆったりした時間を過ごせる 「露天風呂付き客室」

 
離れ貸切露天風呂  

広大な露天風呂を独占 「離れ貸切露天風呂」

 
カップル・ご夫婦プラン  

二人の距離を縮める旅 「カップル・ご夫婦プラン」

 
女子会プラン  

女友達と旅館でリフレッシュ 「女子会プラン」

page top