「金沢を彩る」は金沢の旅館のとやが提案する金沢観光旅行です。
金沢の味わい、風情、美しさ、豊かさ、伝統深さなど
金沢の魅力や伝統工芸について、旬な情報を皆様に発信するコーナーです。

北陸冬の味「加能ガニ」を知る

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第3回 北陸冬の味「加能ガニ」を知る

加賀百万石の城下町、金沢。食文化が発展している金沢の冬の
味覚といえば、日本海の漁港で獲れる「加能ガニ」。
石川県の漁港で水揚げされたズワイガニを「加能ガニ」と呼びます。
加能ガニ漁の旬は、解禁期間を迎える11月〜3月の約5ヶ月間。
身がぎっしり詰まったぷりぷりの極上加能ガニを存分に楽しめるのは、
金沢ならではの冬の味覚です。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第3回 北陸冬の味「加能ガニ」を知る 市場
ブランドガニの種類

日本海で水揚げされるズワイガニには、「ブランドガニ」というものが存在し、産地の名前をつけられ、脚には漁港毎に異なるプラスチック製のタグをつけて管理されています。タグは、色によって識別され、漁港名、漁船名などが記載されています。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第3回 北陸冬の味「加能ガニ」を知る ブランドガニマップ
第3回 北陸冬の味「加能ガニ」を知る 加能ガニ

石川県の加能ガニが水揚げされるのは、金沢市の「金沢港」、または、加賀市の「橋立漁港」です。ダグ付きのカニは、最高級ブランドの証。加能ガニ漁の解禁期間の市場では、たくさんの加能ガニがあふれ、活気づいています。

おいしい食べ方

獲れたての生きているカニ「活ガニ」は、身が縮んだり水っぽくなることが
ないので、身が引き締まり、ぷりぷりとした歯ごたえと甘みを楽しむことが
できます。
そんな、最高の味を堪能することができる、おいしい食べ方をご紹介します。




刺

丁寧に殻を取った活ガニの脚1本1本を氷水につけ、「カニの花」を咲かせます。
「カニの花」とは氷水につけることによってカニの身が膨らみ、白い花のように見えるため、そう言われています。食感のよい新鮮なカニの身の味を堪能できることはもちろんのこと、鮮やかで美しいカニ刺しの盛り付けもまた楽しみの1つです。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第3回 北陸冬の味「加能ガニ」を知る 加能ガニ

活ガニを丸ごと1匹味わえる食べ方です。
シンプルに蒸したカニの身はふくっらと甘みがあり、味が濃く、日本海の風味が口中に
広がります。また、身だけではなく、カニみそもおいしくいただけます。そのまますくって食べたり、身を入れて食べるなど、カニみその旨みを存分に味わうことができます。

蒸
金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第3回 北陸冬の味「加能ガニ」を知る 加能ガニ
焼

炭火焼でじっくりと網の上で焼かれたカニの身はぷっくりと膨らみ、旨み豊かな味を楽しむことができ、また、あつあつに焼かれるカニの香ばしい香りが大変食欲をそそります。
新鮮なカニみそを甲羅焼にし、ぐつぐつと焼かれたみその中に身を浸して食べたり、残ったカニみそに日本酒を入れる甲羅酒を楽しめるのも、この食べ方の醍醐味です。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第3回 北陸冬の味「加能ガニ」を知る カニ料理
旅館×活カニ 金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第3回 北陸冬の味「加能ガニ」を知る 加能ガニ

ブランドガニの多くは市場には出回らず、水揚げされた漁港に近い、温泉旅館などに直接卸されますので、カニの時期に石川県の温泉郷へ旅行されると、極上のカニ料理を楽しむことができます。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第3回 北陸冬の味「加能ガニ」を知る カニ料理

page top