金沢を知れば知るほど、

もっと訪れたくなる

「金沢を彩る」は金沢の旅館のとやが提案する金沢観光旅行です。
金沢の味わい、風情、美しさ、豊かさ、伝統深さなど
金沢の魅力や伝統工芸について、旬な情報を皆様に発信するコーナーです。

金沢人が愛する香箱ガニ

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│金沢人が愛する香箱ガニ

加能蟹 香箱ガニ
解禁いたしました。

金沢は日本海の美味しい食材に恵まれ、その味をふんだんに味わうことが出来ます。
『のど黒』『甘エビ』『ガスエビ』『加能蟹』『香箱ガニ』などは代表的な食材です。
2018年~2019年の加能蟹漁は例年通り、11月6日から翌3月20日までとなります。
ズワイガニの雄の名前が地域によってブランド蟹となり呼び名が違います。
石川県では、加能蟹
福井県では、越前がに
鳥取島根では、松葉カニ
京都では、間人ガニ
と言われますが、どの蟹もいわゆるズワイガニです。そして、ズワイ蟹のメス蟹を『香箱ガニ』といいます。
その加能蟹・香箱ガニ漁が11月6日に一斉に蟹解禁となりました。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│香箱ガニ
金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│香箱ガニ

金沢人は、加能蟹より
香箱蟹を愛します。

金沢では、解禁と同時に加能蟹を一斉に食卓に並べるのは古くからの慣わしとなっておりますが、むしろ、金沢の家庭で愛されますのは少し小ぶりのメスの香箱蟹の方が愛されております。のとや大女将は金沢の近江町市場の横が実家ですが、昔は、冷凍技術はもちろん冷蔵庫も無いため、蟹解禁となりますと、毎日食卓には大きな加能蟹が並んで、香箱蟹は、おやつのように山盛りでむしろ食べさせられたという思い出らしいです。
当時は逆に冷蔵技術が無いため、バナナが高級品で、加能蟹や香箱蟹よりも、バナナ一本の方が大変貴重だったようです。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│香箱ガニ

橋立漁港にずらりと並んだ加能蟹と香箱蟹!!

金沢の人が食べる加能蟹の中でも、『橋立漁港』で穫れる加能蟹と香箱蟹は別格扱いで取引されております。
その理由は、
1.沖に出ると急に海底が深くなるため、漁場から橋立漁港が近いため、カニ漁に出てからセリに出るまでの時間が短く鮮度のいい状態の加能蟹が出ます。金沢では橋立港のカニは大変人気があります。
2.橋立漁港の漁場は、暖流と寒流がぶつかし海底は砂地で豊かな栄養分に恵まれたっぷり吸収され、蟹や魚介類も栄養豊富な餌に恵まれ、新鮮な身にうまみをぎっしり詰め込んでおり大変美味しいです。
3.橋立漁港は、江戸時代 北海道や日本海側の産物を京都や大阪に届けるためにの港の一つとして大変な栄華を誇った港でした。その為、昔より大変栄えた漁港で船もよいです。


橋立漁港の蟹が日本一美味しい蟹と言われております。
そして、その橋立漁港で最も加能蟹と香箱蟹を仕入れているのが「のとや」であります。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│ガスエビ

橋立漁港の加能蟹と
香箱蟹を食べるなら
のとや」に是非!!

日本一美味しい!!橋立漁港の加能蟹と香箱蟹を食べれる宿泊企画をお作りいたしました。
加能蟹は、刺し身、焼き、蒸しの三通りの食べ方で味わっていただきます。
蟹の甘み、旨味、奥深さをじっくり味わって下さい。
そして、蟹味噌の美味しさでは、ずば抜けて美味しいく箱蟹を旬のこの時期に。
20年間ずっと活蟹にこだわったのとやの企画をお楽しみ下さい。

このページをみている人はこんなページも一緒に見ています

金沢懐石  

のとや人気No.1料理 金沢懐石

 
活蟹懐石  

秋・冬の人気懐石 活蟹懐石

 
露天風呂付き客室  

ゆったりした時間を過ごせる 「露天風呂付き客室」

 
離れ貸切露天風呂  

広大な露天風呂を独占 「離れ貸切露天風呂」

 
カップル・ご夫婦プラン  

二人の距離を縮める旅 「カップル・ご夫婦プラン」

 
女子会プラン  

女友達と旅館でリフレッシュ 「女子会プラン」

page top