「金沢を彩る」は金沢の旅館のとやが提案する金沢観光旅行です。
金沢の味わい、風情、美しさ、豊かさ、伝統深さなど
金沢の魅力や伝統工芸について、旬な情報を皆様に発信するコーナーです。

兼六園の秋「紅葉」

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第9回 兼六園の秋「紅葉」

一番美しい
紅葉の時期

石川県金沢を代表します兼六園は紅葉の時期が一番美しいと言われております。11月になると紅葉が見ごろとなり、桜の時期も同様ですが、園内一面が彩られる季節は、眺望の良い場所を選ぶと、その一体感に圧倒されるでしょう。
江戸時代を代表する池泉回遊式庭園で総面積は11.7万平方メートルもあり見どころは沢山あります。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第9回 兼六園の秋「紅葉」
金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第9回 兼六園の秋「紅葉」
金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第9回 兼六園の秋「紅葉」

兼六園の紅葉の見頃

兼六園の紅葉の見頃はズバリ!!
11月中旬から12月上旬が一番の見頃となるでしょう。紅葉をみながら、11月には冬の代名詞、雪吊りの作業が行われます。例年11月に入ると共にその作業がはじまり、12月の中頃まで、園内で雪吊りを行っている作業を見ることが出来ます。雪吊りは、一番最初に唐崎松から順番に作業を行い、春になって雪吊りを外すのは、順番に作業を進め、最後に唐崎松を外します。冬を迎え、春を迎える季節の節目に、唐崎松は大役を担っています。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第9回 兼六園の秋「紅葉」

兼六園のシンボル
琴柱灯篭

兼六園の紅葉でのみどころは、何と言っても霞ヶ池の琴柱灯篭(ことじとうろう)でしょう。
まさに兼六園のシンボルということもあり多くの方がここで記念写真を撮影しております。
紅葉の季節の兼六園は冬支度の雪吊りの準備もしており、霞ヶ池に写る紅葉と雪吊りはまさに幻想的で兼六園の一番美しい季節と言っても過言ではないでしょう。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第8回 金沢大野醤油の№1ブランド 直源醤油
金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第9回 兼六園の秋「紅葉」
金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第9回 兼六園の秋「紅葉」

紅葉との共演
日本最古の噴水

もう一つの見どころは、日本最古の噴水の紅葉です。霞ヶ池より低い所にありますこの噴水は、霞ヶ池から石管で水を引きその高低差を利用して噴水を上げておりまして、噴水の一番上の高さが霞ヶ池と同じ高さと言われております。噴水の水と紅葉がコラボレーションして歴史のふるさを感じられるスポットです。

冬の足音が聞こえる
落葉

紅葉する樹木は、モミジ類が約340本、桜が約420本、ケヤキが約60本をはじめ、ニシキギ、ドウダンツツジなどがあります。そして、紅葉と共に、楽しめるのが落葉でもあります。地面いっぱいに落葉した風景はやはり晩秋のこの時期だけのお楽しみでもあります。気温もぐっと下がって、兼六園にも冬の足音が聞こえてくるでしょう。
11月にもライトアップが企画されています。雪吊りと紅葉とライトアップ。いいところどりの情景は、是非一度皆様の目で直接お楽しみいただけたら、素敵ですね。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│第9回 兼六園の秋「紅葉」

page top

.height, "x", screen.colorDepth, "&ref=", escape(document.referrer), "' border=0>
"); -->