金沢を知れば知るほど、

もっと訪れたくなる

「金沢を彩る」は金沢の旅館のとやが提案する金沢観光旅行です。
金沢の味わい、風情、美しさ、豊かさ、伝統深さなど
金沢の魅力や伝統工芸について、旬な情報を皆様に発信するコーナーです。

「金沢」を知る

加賀百万石の城下町「金沢」 金沢老舗旅館のとや│金沢を知る│加賀百万石の城下町「金沢」

石川県の中央部に位置する金沢は、江戸時代に加賀、能登、越中の3国の大半を領地とした加賀藩の城下町として栄えた、北陸一の地方都市です。

1488年、加賀一向宗の門徒が加賀の守護大名である富樫政親を滅ぼした後、約100年の間、加賀は「百姓のまち」と呼ばれました。
1546年に一向宗の中核を成した人々が現在の金沢城跡に金沢御堂という建物を建立。1583年には前田利家が入城し、城下町の建設が始まり、1680年頃までには主要な都市構造が完成したと言われています。

前田利家は戦国時代、織田信長時代に家臣、豊臣秀吉時代は大名、徳川家康時代には最大大名となり、前田家は大名中最大の102万5千石を領していたため、大変豊かな財政でした。

金沢老舗旅館のとや│金沢を知る│金沢の伝統技術 金沢の伝統技術

江戸時代、加賀藩は豊かな財力で漆工や金工、陶芸といった美術工芸など職人の技術向上に力を入れてきました。そのため金沢では様々な工芸の技術が発達し、今でも大切に受け継がれています。

最も代表的で美しい工芸品である九谷焼や、染物では加賀友禅が知られ、特に金沢箔は、技術の高さ、質の良さから、全国の金箔製造の99%を占めています。浅野川の清流では現在も友禅の染料を落とす友禅流しをする光景を見ることができ、冬の風物詩となっています。

金沢の街並み 金沢老舗旅館のとや│金沢を知る│金沢の街並み

戦火にみまわれることがなかった金沢の市内には、平和が保たれてきたことにより、数多くの文化財や古い町並みが残っています。
全国的に有名な兼六園、金沢城跡、町家や武家屋敷、茶屋町、および寺院群など、城下町時代築かれた良好な歴史的景観が残っています。

金沢老舗旅館のとや│金沢を知る│「金沢」名前の由来 「金沢」名前の由来

加賀の国・山科の里にいた「藤五郎」という貧乏な男がいました。
近くの山へ出かけては、自然薯(じねんじょ)という山芋を掘って生活をしていたのですが、ある日、山芋を掘りに行ったところ、山芋の髭に黄金の砂金のついた山芋を掘り当てました。その山芋を洗った沢が、「金洗いの沢」と呼ばれるようになり、そこから「金沢」の地名の起こりとなりました。

このページをみている人はこんなページも一緒に見ています

金沢懐石  

のとや人気No.1料理 金沢懐石

 
活蟹懐石  

秋・冬の人気懐石 活蟹懐石

 
露天風呂付き客室  

ゆったりした時間を過ごせる 「露天風呂付き客室」

 
離れ貸切露天風呂  

広大な露天風呂を独占 「離れ貸切露天風呂」

 
カップル・ご夫婦プラン  

二人の距離を縮める旅 「カップル・ご夫婦プラン」

 
女子会プラン  

女友達と旅館でリフレッシュ 「女子会プラン」

page top