金沢を知れば知るほど、

もっと訪れたくなる

「金沢を彩る」は金沢の旅館のとやが提案する金沢観光旅行です。
金沢の味わい、風情、美しさ、豊かさ、伝統深さなど
金沢の魅力や伝統工芸について、旬な情報を皆様に発信するコーナーです。

この冬から春にかけて
是非食べていただきたい『のどぐろ』

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│この冬から春にかけて是非食べていただきたい『のどぐろ』

日本海側は海の幸の宝庫!!

北陸地方のAKBといえば。
A:甘エビ
K:カニ
B:ブリ
と言われておりましたが!!近年はさらに人気のお魚も沢山認められるようになりました!!
特に金沢で絶対に食べなくてはいけない食材は!!
『のどぐろ』であることは間違いありません。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│香箱ガニ
金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│のどぐろ

白身魚の大トロ
と言われる『のどぐろ』

のどぐろとは、アカムツとも呼ばれる白身魚。白身魚特有のサッパリとした味わいではなく、脂と旨味たっぷりのとろけるような舌ざわりで、「白身の大トロ」と呼ばれることもあります。
喉の奥が墨で塗ったように黒いため、金沢ではアカムツより「のどぐろ」の名前で親しまれています。

『のどぐろ』と言えば金沢。

のどぐろは、金沢を中心とする北陸地方で多く水揚げされるので、日本海の魚というイメージが強いですが、実は日本でもいろいろな地域で水揚げされるようです。のどぐろの産地であると同時に日本でも有数ののどぐろ消費地でもある金沢には全国からたくさんののどぐろが搬入される場所でもあります。
超高級白身魚としての地位を確立しつつある『のどぐろ』ですが、その最大の特徴はなんといってもその脂の旨みと舌ざわりでしょう。
赤いダイヤとも、泳ぐ松坂牛とも言われるほど脂のノリが良い魚です。脂のある日本近海で獲れる魚で言えば、「西ののどぐろ・東のキンキ」という横綱クラスの評価になるでしょう。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│のどぐろ
金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│のどぐろ

味わい方もそれぞれ、是非お好みの食べ方で

生息地は水深100mから200mとやや深め。小魚やエビ、カニなどを食べて育ちます。
たっぷりと脂が乗った刺身はまさに「白身のトロ」。塩焼きや煮付けは、薄赤色の皮目をふわっと割ると、たちまちほぐれ脂がこぼれ落ちる極上の身が味わえます。これからの時期の『のどぐろ』を是非ご賞味ください。

金沢老舗旅館のとや│金沢を彩る│のどぐろ

このページをみている人はこんなページも一緒に見ています

金沢懐石  

のとや人気No.1料理 金沢懐石

 
“活鯛舟盛り懐石  

日本海が育んだ活鯛を味わう 活鯛舟盛り懐石

 
露天風呂付き客室  

ゆったりした時間を過ごせる 「露天風呂付き客室」

 
離れ貸切露天風呂  

広大な露天風呂を独占 「離れ貸切露天風呂」

 
カップル・ご夫婦プラン  

二人の距離を縮める旅 「カップル・ご夫婦プラン」

 
女子会プラン  

女友達と旅館でリフレッシュ 「女子会プラン」

page top