春・夏メニューはこちら

金沢旅亭懐石のとや│冬の特選料理上活蟹懐石 金沢旅亭懐石のとや│冬の特選料理上活蟹懐石
通常価格40,000円

ホームページからのご予約
特別格安価格 37,000(税別)~/2名様利用時
  • 公式サイトからのご予約特典
  • ご予約はこちら

 
日本海秋冬の味覚を味わう旅  北陸冬の味「加能ガニ」を知る

蟹刺し 焼き蟹 蒸し蟹 上活蟹懐石 漁港 蟹見せ
極上の活蟹を、一匹まるごと贅沢に。 地元・日本海の漁港で穫れる活蟹。その中でも最も貴重とされる「上活蟹」を、お一人様につき一匹まるごと召し上がっていただくのが、この懐石メニューです。
のとやでは、まず、生きている上活蟹をご覧いただいてから、召し上がっていただきます。蟹の最もおいしい食べ方である「蟹刺し」「炭火焼」「せいろ蒸し」にこだわった、3つの味を堪能していただきます。

通常価格40,000円

ホームページからのご予約
特別格安価格 37,000(税別)~/2名様利用時
  • 公式サイトからのご予約特典
  • ご予約はこちら

 
日本海秋冬の味覚を味わう旅  北陸冬の味「加能ガニ」を知る

オプションメニューでさらに蟹をご堪能できます

かにわっぱ飯

かにわっぱ飯

香箱蟹(雌のズワイガニ)の身や卵を、酢めしの上にタップリと乗せて蒸しあげた" のとや"のオリジナル料理です。懐石に並ぶズワイガニ料理とはひと味違う旨味と香り、食感…。
まさに「技あり」の一品を、どうぞお召し上がりください。

詳しくはこちら

てんぼ蟹の土鍋御飯

てんぼ蟹の土鍋御飯

てんぼ蟹とは、網で引き上げる際に脚が取れてしまった蟹のことをいいます。
そんな脚の少なくなったてんぼ蟹は見栄えが悪いため相場がグンと下がりますが、「蟹」の美味しさは変わりません。
お米1粒1粒がふっくら、もちもち、つやつやで、噛めばかむほど蟹の身の香ばしい旨味がじわじわと口いっぱいに広がります。

詳しくはこちら

底引き網漁で活気付く
橋立漁港

毎年9月、近江町市場や橋立漁港などでは「底引き解禁」の文字が掲げられ活気を帯びます。新聞などでも報じられるほど話題になるのは、それだけ石川県の人々が解禁日を心待ちにしているからで、北陸ならではのことといえます。
9月1日、橋立漁港や県内の各漁港から豊漁を願う家族に見守られた船が一斉に出漁し、沖合の漁場で解禁と同時に網を入れます。漁を終えた船は次々帰港し、港は水揚げされた魚介であふれます。

漁船
橋立漁港

底引き網漁とは、大きな網を水深数十メートルの海底まで入れ、船で引っ張り、入った魚を水揚げする漁のこと。橋立漁港では夜中に出港した漁船が、午後4時ごろから帰港し始めます。港では台車を準備した女性達が漁船の帰りを今かいまかと待ち、漁船が帰港するやいなや、次々と箱に並べられた魚が降ろされて、競りの行われる市場まで運ばれていきます。
甘エビはもちろん、メギス、マダイ、ノドグロ、イカ、カレイ、カワハギ、バイ貝、あんこう、毛蟹…と様々なものが水揚げされており、手際よく種類別に並べられる様子は圧巻。セリの時間が近づき、たくさんの仲買人が市場に集まってきます。セリ独特の用語が飛び交い始め、競り落とされた魚の箱はあっと言う間に無くなっていきます。底引き網漁が解禁した橋立の市場はスピード感と活気に溢れています。

そして、毎年11月6日に、冬の訪れを告げるずわい蟹漁が解禁となります。橋立港上がりの蟹には、青いタグが付いています。ずわい蟹は、日本海に季節風が吹き出す11月~翌年3月頃まで水揚げされ沿岸はカニ漁に出る底曳網漁船で活気づきます。この時期にしか味わうことができない、活蟹を是非、お召し上がりください。

のとやの旅亭懐石
上活蟹懐石   活蟹懐石   極金澤懐石
 
金澤懐石   加賀じわもん せいろ蒸し   カニすき懐石
 
加賀鴨すき懐石   秋の創作懐石   オプションメニュー

page top