金沢老舗旅館のとや│七百年の歴史
 
  金沢老舗旅館のとや│七百年の歴史 応長元年、 北陸最古の温泉郷にて創業。  
 
北陸最古の温泉郷として名高い粟津温泉。
その起源は養老二年(718年)まで遡ります。霊峰白山がこの前年、泰澄大師によって開山、そして神託によって発見されたと伝えられるのが粟津温泉です。鎌倉時代後期の応長元年(1311年)、この地で創業したのが、現在の「旅亭懐石のとや」です。以来当館は加賀の由緒ある温泉旅館として、北陸の四季を見続けてきました。
 
       

   
  移りゆく時代の中で、 常にお客様の満足を第一に。 金沢老舗旅館のとや│七百年の歴史  
  形ある伝統は時の流れの中で、お客様の求めるものとかけ離れていくことがあります。故に形に執着せず、絶えず変化しながらお客様にご満足頂けるよう努めることが「のとや」の精神です。
常に一期一会を念頭に置き、お客様の寛ぎと笑顔を創造するために、館内の設え・庭園様式など多彩に変化を続けてきました。
お客様を飽きさせず、何度でも足をお運び頂けるよう、新しい寛ぎを提供してまいりました。
 
       
  金沢老舗旅館のとや│七百年の歴史 代々受け継ぐ ”おもてなし“という名の家業。  
 
長い歴史の中で唯一私どもが変えざるもの。それはお客様に心からお寛ぎ頂くための"真心のおもてなし"です。幾重にもお客様との絆を深めるための心尽くし。これこそが接客を生業にしてきた「のとや」宗家・桂木家が"家業"として代々受け継ぐ技でもあります。
多くの皆様に支えられ、2011年当館は創業七百年を迎えました。
これからもお客様の本当のご満足のために、もてなしの技にいっそう磨きをかけてまいります。
 
       

page top